新型コロナウイルス感染症

対応可能クリニック

新型コロナウイルス感染症

2019年より世界的に流行している新型コロナウイルス感染症は、症状が風邪と非常に似ていることから、医療機関で検査することでしか診断が困難です。
クリニックプラスでは毎日、新型コロナウイルス感染症の検査・抗原検査(定量抗原検査・定性抗原検査)・PCR検査を行っておりますので、風邪症状のある方や新型コロナウイルスの感染が心配な方はいつでも検査・診察を受けることができます。

新型コロナウイルス感染症の症状は?

新型コロナウイルス感染症の症状は、風邪症状と類似しており、症状だけでは風邪と見極めるのは非常に困難です。
また、消化器症状や循環器症状・感覚障害・皮膚症状など多彩な症状を認める場合があることも知られていますが、まだまだ分かっていない部分が多いというのが現状であり、慎重に対応していく必要があります。
現時点で確認できている症状としては、以下のような症状があります。

<よくある症状>

  • 発熱・悪寒
  • 喉の痛み
  • 倦怠感
  • 関節痛・筋肉痛

<時折みられる症状>

  • 頭痛
  • 下痢
  • 皮膚の発疹・手足の指の変色
  • 眼の充血・炎症
  • 味覚・嗅覚障害

<頻度は多くないが、重篤な症状>

  • 呼吸苦・息切れ
  • 胸痛
  • 意識障害

新型コロナウイルスの検査とは?

当院では、新型コロナウイルスの検査として、①抗原検査 ②PCR検査 ③抗体検査の3つの検査を行っています。

①抗原検査

コロナウイルスの構成成分であるタンパク質を、ウイルスに特異的な抗体を用いて検出する検査です。
PCR検査に比べて感度・特異度は低いですが、より簡便かつ迅速であることがメリットです。

インフルエンザの診断でもよく使用される抗原検査キットですが、その感度・特異度から臨床現場での使用を問題視する意見もありました。
しかし、多くの研究より得られた知見から、抗原検査の感度を十分理解した上で、医師の必要性に基づき使用することが可能とされています。

<クリニックプラスの抗原検査>

抗原検査には「抗原定性検査」と「抗原定量検査」があります。

・抗原定性検査

簡易検査キットを用いた検査になります。インフルエンザの検査のように、鼻の奧を綿棒で拭って検体を採取します。検査の結果は「陽性」か「陰性」でお伝えする形になります。検査にかかる時間も10-20分と非常に短く、その場で検査結果をお伝えすることが可能です。抗原検査と呼ぶときは抗原定性検査を基本的には指します。

※当院で使用している抗原検査キットは、すべて厚生労働省の薬事承認を受けているものになります。

・抗原定量検査

採取した検体(唾液)にどれくらいの抗原が含まれるかを数値で表します。判断する基準値があり、その基準値を上回っているかそうでないかで「陽性」か「陰性」を判断します。抗原定量検査はPCR検査と同等の正確性があると報告されていますが、当院ではPCR検査よりも結果の報告に時間を要するため、あまりオススメはしておりません。

※抗原定量検査をご希望される方は、準備に時間を要しますので、あらかじめでお電話で各院にお問い合わせください。

<抗原検査の対象者>

診察時、医師に新型コロナウイルスの感染を疑うと判断された方全員が対象になります。ただし、「発症日に検査を希望される方」は、抗原検査の信頼性が低くなるため、抗原検査で「陰性」の結果が出た場合、PCR検査も受けていただく必要があります。また、「臨床経過からコロナウイルスの感染を強く疑う方」についても、抗原定性検査の偽陰性をみている可能性を否定できないことから、追加でPCR 検査を受けていただく必要があります。

<抗原検査の結果>

抗原検査の結果は約10分で出ます。結果が出るまで、感染疑い患者用の待合室で待機をお願いいたします。検査の結果が出ましたら、再度診察室に入っていただき、医師から結果とその後の対応について説明があります。

②PCR検査

提出した検体(唾液や鼻咽頭など)の中に、新型コロナウイルスの遺伝子が含まれるかを調べることによって、自分が今現在コロナウイルスに感染しているかどうかを、ある程度知ることができます。

<クリニックプラスのPCR検査>

当院では基本的に鼻咽頭あるいは前鼻腔を拭って検体を採取する方法でPCR検査を行っておりますが、他にも唾液を採取して行うPCR検査も行っており、患者さまのご希望に合わせて検査を行うことが可能です。

・前鼻腔からのPCR検査について

インフルエンザの検査のように、鼻から細い綿棒を入れて採取する「鼻咽頭」のPCR検査と違い、「前鼻腔」のPCR検査では、両方の鼻の入り口1-2cm付近を綿棒で拭って検査に出す方法で、痛みがなく、短時間かつ簡単に自己採取することができます。アメリカやヨーロッパでは一般的に行われている採取法で、検査の感度に関しても、「鼻咽頭」に綿棒を入れて採取する方法と高い相関性が示されています。
(Tu YP et al., Patient-collected tongue, nasal, and mid-turbinate swabs for SARS-CoV-2 yield equivalent sensitivity to health care worker collected nasopharyngeal swabs)
お子さんの年齢制限もありません。

<PCR検査の対象者>

新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、原則まずは抗原検査キットで判断していきます。ただし、下記に該当する方で、抗原検査にて「陰性」が確認された場合、PCR検査をご案内させていただいております。

  • 発症した日に検査を希望される方
  • 臨床経過からコロナウイルスの感染が強く疑われる方

<PCR検査の結果の確認方法>

PCR検査の結果は翌朝9:00~10:00の間に順次アップロードしていきます。
LINEユーザー画面の「領収証・明細書・PCR検査・各種書類」からご自身でご確認ください。

※LINEが使用できない方には、SMS(ショートメール)やお電話で連絡を差し上げます。
※何時に検査を受けていただいても、結果がわかるのは翌朝9:00~10:00の間になります。
※上記時間内に検査結果が確認できない場合は、大変お手数ですが、当院の診療時間内にお電話で問い合わせいただくか、当院ホームページお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※検査結果が【再検査】になることもあります。【再検査】の場合は、【陽性】か【陰性】の結果が確定次第、LINEでの通知あるいはSMSやお電話でご連絡いたします。

③抗体検査

抗体検査には、「過去」にウイルスに感染したことがあるかを調べるための抗体検査と、新型コロナウイルス感染症に対する免疫を調べるための中和抗体検査があります。

抗体とは、体内にウイルスが侵入してきたときに、ウイルスを除去しようとするために体内で生成される免疫グロブリンというタンパク質です。
抗体は、感染が起こってからすぐに体内で作られるわけではなく、数日~数週間かかります。
新型コロナウイルスの場合、発症から2週間程度で8割の方、3週間程度ですべての方に、抗体検査の陽性反応が出ると言われています。
また、体内で生成される抗体の中でも、ウイルスの感染や活性を中和できる抗体を中和抗体といいます。

→中和抗体検査の詳細については、こちらをご参照ください。

<クリニックプラスの抗体検査>

検査は血液を採取して行います。

<抗体検査の対象者>

抗体検査は下記のような方々が対象になります。

  • 過去にコロナウイルスにかかったことがあるか知りたい方
  • コロナワクチン接種後、中和抗体がどれだけあるか知りたい方

<抗体検査の結果>

検査結果が出るまでには3〜4日かかります。結果が出た頃に再度当院を受診いただき、医師から結果の説明を受けていただきます。

検査費用について

2023年5月8日より、新型コロナウイルスが2類感染症から5類感染症へと移行になり、それに伴い各種検査料の公費負担が終了となりました。
新型コロナウイルス感染症の診断のために実施した検査は、医療保険適用の上、患者さまの自己負担となりますのでご注意ください。
また、症状がない方など、一部の方は医療保険の適用にならず、自費でのご案内になります。

  1. 保険診療で抗原検査及びPCR検査を受けられる方
  • 新型コロナウィルスを疑う症状(発熱・咳・息切れなど)が出てから7日以内と医師に判断された方
    →新型コロナウイルスの症状は多岐にわたるので、まずは医師にご相談ください
  • 民間PCR検査や、ご自宅での抗原検査キットで既に「陽性」が疑われている方

    ※保険診療で検査を受けた方は、コロナウイルスに感染している可能性があるため、検査後は速やかにご自宅へお帰りいただき、結果が分かるまでは自宅待機のご協力をお願いいたします。
    ※濃厚接触者の方でも症状のない方には、保険診療での検査のご案内は行っておりません。
  1. 自費でPCR検査及び抗原検査を受けられる方
  • 新型コロナウィルスを疑う症状(発熱・咳・息切れなど)が出てから7日以上経過していると医師に判断された方
  • 新型コロナウイルス感染者と濃厚接触したが、症状が何もない方
  • 新型コロナウイルスを疑う症状が何もなく、かつ濃厚接触もされていない方
  • 海外渡航用の「陰性証明書」をご希望の方
  • 企業で「陰性証明書」をご希望の方

※企業・団体で自費PCR検査を受けられる場合は、10名様以上から団体割引もございます。
(濃厚接触者にあたる方や症状のある方は、団体様でも保険診療でPCR検査を受けられます)
ご検討される企業・団体様は、こちらからお問い合わせください。

自費PCR検査19,800円(税込)
自費抗原検査(定性)5,500円(税込)
自費抗原検査(定量)12,000円(税込)
結果送付をご希望の方は、別途1,000円がかかります
診断書/陰性証明書日本語 : 3,300円(税込)
英語(渡航・陰性証明書) : 11,000円 /枚(税込)
※診断書を記載するにあたり診察が必要な場合は、別途診察料を頂戴しています

陰性証明書、診断書、検査会社の結果用紙のお渡しについて

「陰性証明書」及び「日本語診断書」は、検査の結果が分かり次第、当院の診療時間内にお渡しが可能です。
あらかじめご予約いただくと、待ち時間少なくスムーズにお渡しができます。

検査会社から発行されるPCR検査の結果用紙は、LINEのユーザー登録がお済みの方はご自身の端末のメニュー項目にあります「領収書・明細書 PCR検査・各種書類」から、いつでも電子データで検査結果のお受け取りが可能です。
LINEを使用されていない方、ユーザー登録がお済みでない方は、検査結果の郵送も行っておりますので、ご希望の際はPCR検査日に、受付にご希望の旨をお伝えください。

※LINEを使用されていない方は、PCR検査の結果用紙のみ郵送対応も行っております。(陰性証明書・診断書の郵送対応は行っておりません)郵送希望の方は、PCR検査日に受付へご希望の旨をお伝えください。
郵送費として1,000円(税込)頂戴しております。

※傷病手当金申請書や保険会社の求める書類については、お時間を要する場合がございます。あらかじめご了承下さい。

抗原検査・PCR検査の結果が陽性の場合

新型コロナウイルスの5類感染症への移行に伴い、感染症法に基づく行動制限や外出自粛が不要となりました。
下記のような対応を各自が取るようにお願いいたします。

・発症後5日間が経過し、かつ解熱及び症状軽快から24時間経過するまでは外出を控える。

・発症後10日間が経過するまでは、マスクの着用など、周りの方へうつさないよう配慮をする。

濃厚接触者に関しても、法律に基づく外出自粛は求められなくなりました。

・同居中の方とは、部屋を分け、世話をする人を限定する。

・その上で、患者発症日を0日とし、5日目までは自身で体調の変化に注意する。
 7日目までは発症の可能性があるため、期間中は手指衛生、換気等の基本的な感染対策、マスク着用や高齢者等のハイリスク者との接触を控える等の配慮を行う。

コロナウイルス経口治療薬「ラゲブリオ®」「パキロビッド®」「ゾコーバ®」は処方できますか?

クリニックプラスでは、「ラゲブリオ®」「パキロビッド®」「ゾコーバ®」全ての新型コロナウイルス経口治療薬の処方箋を発行することは可能です。
なお、これらの薬剤費のみ、令和5年5月8日以降も公費支援の対象となりますので、医療保険証をお持ちの方は無料で処方することができます。

それぞれの薬の特徴については、下記をご参照ください。

コロナウイルス経口治療薬「ラゲブリオ®」について

パキロビッドによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説

ゾコーバによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説

来院に際しての注意事項

当院では、新型コロナウイルス検査を随時行っております。
クリニックが入居する建物や周辺施設には、コロナウイルス非感染者の方も多く出入りしております。
特に症状のある方や濃厚接触者の方は、他の方々に感染を広げないよう、以下の点にご注意くださいますようご協力をお願いします。

クリニックプラスへご来院の場合

◆ コロナウイルスの感染が疑われる方は、可能な限りビルのエレベーターの使用はご遠慮いただき、階段を使用するようご協力お願いいたします。
◆ マスクの着用及び手指消毒を徹底の上、来院くださるようご協力をお願いいたします。
◆ 当院では酸素投与などの治療が行えませんので、強い息切れの症状がある方は、早めに総合病院の受診や救急車の要請などをご検討ください。

関連記事一覧

play_arrow

ゾコーバによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説 

play_arrow

パキロビッドによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説  

play_arrow

新型コロナウイルス治療薬「ラゲブリオ」の最新情報

play_arrow

新型コロナウイルス後遺症 

play_arrow

コロナワクチン接種後評価の抗体検査  

play_arrow

新型コロナウイルス抗原・PCR検査が陽性だった 

play_arrow

新型コロナウィルス検査Q&A 

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right

コラム一覧

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする