ゾコーバによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説 

対応可能クリニック

2022年11月、新型コロナウイルス感染症の治療薬である「ゾコーバ錠」が緊急承認されました。重症化リスクが無い患者さんでも使うことができる飲み薬で、副作用も少ないことから、多くの患者さんの治療の助けとなることが期待されています。ゾコーバの治療が受けられる患者さんはどのような患者さんなのか、どのような効果や副作用があるのかなど、ゾコーバによるコロナ治療について解説します。

当院ではゾコーバの取り扱いがあります

LINEでかんたん予約
LINEでかんたん予約

ゾコーバってどんな薬?

ゾコーバは新型コロナウイルス感染症に使える薬の1つで、飲み薬としては3つ目の治療薬になります。ここではゾコーバの効果や飲み方、他の飲み薬との違いについて解説します。

ゾコーバの効果は?

ゾコーバは、コロナウイルスが作られるのに必要な酵素(こうそ)の働きを邪魔し、コロナウイルスが体内で増えるのを抑える薬です。

薬の効果や安全性を調べる試験では、飲み始めて4日目にはコロナウイルスの量が30分の1になり、ゾコーバを飲んでいない患者さんと比べ、新型コロナウイルスの特徴的な次の5つの症状がが消えるまでの時間が約24時間短縮できたという結果が出ています。

  • のどの痛み
  • 鼻水・鼻づまり
  • 発熱・熱っぽさ
  • 倦怠感(けんたいかん)

ゾコーバは、他の飲み薬と何が違うの?

現在発売されているコロナ治療のための飲み薬には、ゾコーバの他にラゲブリオとパキロビッドがあります。ラブゲリオとパキロビッドは重症化リスクのある患者さんにしか使えないのに対し、ゾコーバは重症化リスクが無い患者さんに使うことができるのが特徴です。

重症化リスクが低い方でも、新型コロナ感染症の症状に苦しむ方は多く、少しでも早く症状を良くしたいという声が上がっていました。ゾコーバはそうした声に応えることのできる薬であり、効果が期待されています。

症状が出た後、いつまでに飲めばいいの?

新型コロナウイルスの症状が出てから72時間以内に飲むようにします。それ以降に飲んだ場合の効果は確かめられていません。

ゾコーバの飲み方は?

次の量を、5日間連続で飲む薬です。

  • 1日目:1回3錠
  • 2~5日目:1回1錠

ゾコーバによる治療が受けられるのはどんな人?

次のような新型コロナウイルス感染症の患者さんは、ゾコーバでの治療を受けることができます。

  • 12歳以上70歳未満
  • 腎臓や肝臓の障害を指摘されたことがなく、コルヒチンを内服していない
  • 妊婦や授乳婦ではない
  • 軽症・中等症の患者さん

  • 重症化リスクの有無は問わない

ただし、軽症で重症化リスクの無い患者さんについては自然に治る場合が多いため、上記に当てはまる全ての患者さんに使うのではなく、高熱がある場合や、咳やのどの痛みが強い場合など、症状が強く出ている患者さんに使うべきであるという考え方が、現在のところ基本となっています。

また、重症化リスクが高い方については、ゾコーバを内服することも可能ではありますが、重症化を予防することも重要ですので、ラゲブリオやパキロビッドが優先して処方される場合もあります。

妊娠中の方や妊娠している可能性のある方は、ゾコーバを使うことはできませんのでご注意ください。

ゾコーバと一緒に飲んではいけない薬は?

ゾコーバは、一緒に飲んではいけない薬が36種類と多くあります。普段から飲んでいる薬がある場合、医師や薬剤師に漏れなく伝え、飲み合わせを確認してもらうことが大切です。お薬手帳がある場合は必ず持参しましょう。

ゾコーバの副作用にはどんなものがありますか?

ゾコーバの副作用には次のようなものがありますが、いずれも発現率としては1~5%程度と低くなっています。

  • HDLコレステロール低下
  • トリグリセリド上昇、ビリルビン上昇、血中コレステロール低下
  • 発疹
  • 悪心、嘔吐、下痢、腹部不快感
  • 頭痛
  • 脂質異常症
  • かゆみ

ゾコーバは副作用の少ない薬としても期待されており、重篤な副作用の報告は今のところありません。ただし、新しい薬は副作用についての情報の蓄積がまだ十分ではないため、ここに記載した以外の症状が現れる可能性もあります。気になる症状が出た場合には、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ゾコーバの費用は?

2023年10月以降、ゾコーバを含む新型コロナウイルス感染症の治療薬の薬剤費について、一定の自己負担を求めたうえで公費負担の対象となりました。自己負担額については、医療費の自己負担割合に応じて以下のとおりです。

3割負担の方;9000円
2割負担の方;6000円
1割負担の方;3000円

クリニックプラスではゾコーバが処方可能

クリニックプラスでは既に多くの患者様にゾコーバを提供しており、安全にご使用いただいています。ゾコーバの服用をご希望される方は、診察時に直接医師にご相談いただくか、お問い合わせフォームから電話再診をお申し込みの上、医師にご相談ください。ゾコーバ内服の適応があると医師に判断された場合、医師が処方箋を対応薬局に送付し、薬局からご自宅にお薬が配送されます(代理の方が取りに行くのでも可)。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right新型コロナウィルス感染症keyboard_arrow_right

ゾコーバによるコロナ治療とは?効果や副作用についても解説 

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする