シミができる

対応可能クリニック
下北沢 高円寺 中野

顔や腕など、目立つところにシミができてしまったら気になる方が多いでしょう。
シミといえば日焼けが原因だとイメージするかもしれませんが、それだけではありません。
シミの種類によって、原因も対策も異なります。
今回は、シミができる疾患の特徴や治療法についてご紹介しますので、参考にしてください。

シミができる疾患とは?

皮膚にシミが出てしまったとき、審美的な問題で気にされる方が多いです。
考えられる疾患はいくつかありますが、原因も治療法も異なるため、しっかり見極めて治療する必要があります。
この記事では、シミができる疾患について、見た目の特徴や原因・治療法などをご紹介します。

・肝斑(かんぱん)
・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
・老人性イボ(脂漏性角化症:しろうせいかくかしょう)
・ソバカス(雀卵斑:じゃくらんはん)
・炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
・太田母斑(おおたぼはん)
・色素性母斑(しきそせいぼはん)
・ADM(Acquired Dermal Melanocytosis 後天性真皮メラノサイトーシス)

肝斑

肝斑は、妊娠や低用量ピルの服用など、女性ホルモンが影響してできるといわれています。
両頬に左右対称で境界のはっきりしないシミがあれば、肝斑かもしれません。
肝斑は30〜40歳代の女性に多く、その後、閉経とともに薄くなったり、消えたりすることが多いです。

女性ホルモンが影響するとはいえ、悪化させないためには紫外線対策も重要です。
日焼け止めを塗る、日傘を使うなど、日々の対策をおこないましょう。
トラネキサム酸という、色素沈着を抑える効果のある内服薬が肝斑に有効です。
肝斑はレーザー治療で悪化するため、しっかり見極められる医師にかかる必要があります。

老人性色素斑

老人性色素斑は、日光を浴びるなどしてできる一般的な「シミ」です。
顔や手の甲など、日光をよく浴びる箇所に多くできます。シミを主訴に受診する方の半数以上が老人性色素斑です。
老人性色素斑によるシミは、円形や楕円形のような形で、境界ははっきりとしています。
数ミリ程度のごく小さなものから、数センチと少し大きなものまでさまざまです。
「老人性」と名前はついていますが、紫外線を浴びる機会の多い方では20歳代ごろから気になることもあります。

紫外線対策をしっかり行い、肌の摩擦を減らすことも老人性色素斑の対策として有効です。
ただ、できてしまったシミを減らすには、セルフケアだけでは難しいこともあります。
内服薬や外用薬を使った治療のほか、レーザー治療や光線治療なども有効です。

老人性イボ(脂漏性角化症)

老人性イボは、シミがイボ状に盛り上がったもので、加齢に伴って増えます。
40歳ごろから徐々にみられ、80歳以上ではほとんど発症します。

老人性イボは「老人性色素斑」から進展します。
老人性イボへ進展した場合は、老人性色素斑でおこなわれる内服薬や外用薬の治療では対処できません。
健康への影響はありませんが、審美的に気になる場合には、レーザー治療や外科治療が推奨されます。

ソバカス(雀卵斑)

老人性色素斑(いわゆる加齢によるシミ)と混同されがちですが、別のものになります。
ソバカスは、顔の中心部に多いですが、手や肩にもできます。
ソバカスは遺伝的な要因が大きく、メラニン色素の違いによって白色人種や色白の方にできやすいことがわかっています。
老人性色素斑と違い、子どものころから出てきて、思春期以降は少し薄くなるのが特徴です。
一般的に1つ1つのソバカスは小さく、数ミリ程度のものが複数できます。

ソバカスが健康に影響することはありませんが、妊娠や出産を機にソバカスが濃くなったり、老人性色素斑など別のシミと混ざり合ったりして、審美的に気にしてしまう方もおられます。お悩みであれば、レーザー治療も選択肢となります。
ソバカスの場合、レーザー治療は何度も繰り返す必要はないことが多く、1回〜数回程度の施術で十分です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、皮膚にやけどや傷、ニキビなど何らかの炎症が起きたあとがシミのような色素沈着になったものです。
老人性色素斑などを改善しようと、レーザー治療を受けて色素沈着になってしまうこともあります。
肌のターンオーバー(生まれ変わり)は、通常28~40日周期でおこなわれており、炎症後色素沈着は自然と目立たなくなることがほとんどです。
半年〜1年ほどで消失すると思われますが、個々人の肌状態によっては時間がかかったり、うまく消失しなかったりするかもしれません。

やけどや傷の箇所への刺激を抑え、日焼けを避けて、外用薬を使う治療が推奨されます。
より早く改善したい場合には、ビタミンCの内服やレーザー治療なども選択肢として挙げられます。

太田母斑

目の周りや鼻・頬・耳などに生じる青っぽいアザで、シミやクマのように見えることもあります。
一般的には顔の片側に生じますが、稀に両側に見られることもあります。
日本では1,000人に1〜2人と、比較的高頻度でみられる皮膚病変です。
生後半年以内までに出現する早発型と、思春期以降で出現する遅発型の2種類に分けられます。

健康上はとくに大きな問題はありませんが、一度発生すると自然にはなくならないため、審美的に目立って気になる場合が多いです。レーザー治療が保険適用になっています。
小児期の方がレーザー治療の回数が少なく済む傾向にはありますが、約半数の方では思春期以降に再びアザが出てくるため、いつ治療をおこなうかは悩ましいところです。
大人になってからでも、レーザー治療できれいにすることはできますので、範囲が狭く目立たないのであれば焦る必要はないでしょう。

色素性母斑

色素性母斑は、いわゆる「ほくろ」を指します。
黒〜茶色で、平坦なものから盛り上がったものまで形状はさまざまです。
ほとんどの色素性母斑には健康上の問題はありませんが、生まれつき皮膚の広い範囲に色素性母斑が広がっている場合には「巨大色素性母斑(きょだいしきそせいぼはん)」と呼び、がん化する可能性があるため、定期的な診察や治療が必要になります。

以下のような見た目の場合は、問題のある色素性母斑の可能性があるため、皮膚科を受診してご相談ください。
・形がいびつ、境界がはっきりしない
・ほくろの中で色の濃淡がある
・範囲が広い
・大きくなってきた

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

両側性太田母斑様色素斑(りょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)とも呼ばれ、思春期以降の女性に多い色素病変です。
一般的なシミは、メラニンが皮膚の表面の表皮で増えていますが、ADMではもう少し深い部分である真皮で増えて生じます。両頬や鼻・まぶたなどに、小さい茶色の斑点のようなシミが複数出現します。

ADMの治療には、「Qスイッチ付きレーザー」という特殊なレーザー治療が効果的です。
ただし、色素が皮膚の深いところにあるため、レーザーを照射してから効果が出るまでに3〜6か月ほどかかります。
40歳以降では肝斑を合併することも少なくありません。
肝斑はレーザー治療で悪化するため、しっかりと見極めて、治療の順番を決める必要があります。

シミが気になったら受診を

シミは、加齢や紫外線が原因のことが多いですが、対処法はそれぞれ異なります。
市販されている美白化粧品は医薬品ではないため、シミを根本から改善させることは難しいです。
シミを改善させたい場合は、医療機関で原因となっている疾患を見極め、適切な治療をおこないましょう。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right皮膚科keyboard_arrow_right

シミができる

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする