老人性イボ(脂漏性角化症)とは。原因、治療、予防について 

対応可能クリニック

年齢を重ねるごとにシミが気になる、さらにはシミが盛り上がってきたのが気になる、という方もいるかもしれません。こうした症状は、いわゆる「老人性イボ」。加齢によるものです。今回は老人性イボの原因や治療、予防などについて解説していきます。

老人性イボ(脂漏性角化症)とは

加齢とともに出てくる老人性イボについて解説していきます。

老人性イボの特徴

老人性イボは医学的には脂漏性角化症といい、老人性疣贅(ゆうぜい)とよばれることもあります。シミがイボ状に盛り上がったもので、老人性色素斑から進展したものです。

ほかのイボとは異なる

一般に「イボ」と呼ばれるものはウイルスが原因であることが多いのですが、老人性イボはウイルス感染するものではありません。そのため、市販されているイボを取るためのシールは効きませんし、美白剤なども効きません。

老人性イボ(脂漏性角化症)の原因は?

老人性イボは加齢に伴って増え、80歳以上では必発といわれるほどですが、個人差があります。

皮膚の老化や紫外線

老人性イボと呼ばれるだけあり、肌の老化が原因のひとつです。早いと20歳代頃から発現することもありますが、多くは40歳以降で発現し、徐々に増えていきます。紫外線の影響もあるといわれており、手足や顔、頭部など日にあたる部分によく見られます。

遺伝子変異

日に当たる部分に多く現れる老人イボですが、前胸部や体幹など全身に出ることもあります。遺伝子変異との関連も報告されており、体質により出やすい方がいます。

老人性イボ(脂漏性角化症)の症状は?

老人性イボの症状について解説していきます。

ザラザラの盛り上がるシミ

老人性色素斑、いわゆるシミが隆起してイボ(脂漏性角化症)に発展した状態が多く見られます。顔や頭、体幹にみられる表面はざらざらしており、張り付いているようなものや鱗屑(りんせつ)が付着しているように見えるものなど様々です。数mm程度~1㎝を超えるもの、肌の色に近いものから黒褐色など大きさ、色は一様ではなく、徐々に増大していきます。掌などにはなく、痛みは感じません。

がん化はしない

基本的には良性のもので、がん化はしないといわれています。日常生活に支障がなければ放置しても問題ないといえるでしょう。

Leser-Trelat徴候(レゼルトレラ徴候)

全身に急に老人性イボが増え、痒みを伴う時には注意が必要です。内蔵系のがんの徴候、Leser-Trelat徴候である可能性があります。イボのサイズが大きい、多発している、急に増えている、などの場合は、消化器がんやリンパ腫などの悪性腫瘍が隠れていることが、まれにあります。

老人性イボ(脂漏性角化症)の検査

脂漏性角化症を診断するための検査について解説していきます。

ダーモスコピー

脂漏性角化症は見た目で診断しますが、さらに詳しくみるためには、ダーモスコープという特殊な拡大鏡を使います。色素沈着の状態で良性ないしは悪性の判断をすることができ、詳しく観察することで脂漏性角化症とほかの皮膚病を見分けることができます。

皮膚生検

悪性腫瘍、皮膚がんの可能性がある場合には「生検」という、病変の一部を切り取り、顕微鏡で詳しく見る検査を行うこともあります(現在当院では行っていません。必要が有れば当該病院へ紹介します)。

老人性イボ(脂漏性角化症)の治療

脂漏性角化症は体調に異常をきたすことはなく、必ず取らないといけないものではありません。しかし、自然になくなるものでもなく、むしろ年齢とともに増えてしまいます。審美的な面などを考慮した際に治療を行いますが、保険適応で行うことができる治療もあります。

凍結療法(液体窒素)

液体窒素を用いて、病変部を凍らせて取り除く方法です。特殊な器具を必要としないため手軽に受けることができます。

デメリットとしては、ヒリヒリとした痛みを伴うこと、1回で取りきることができず何度か治療が必要であること、1、2mm程度の小さなものは取れないこと、治療後に炎症後色素沈着といわれるシミが残る可能性があること、などがあります。

レーザー治療

自費診療にはなりますが、老人性イボをレーザーで取ることもできます。炭酸ガスレーザーかQスイッチレーザーで除去する方法が多く使われますが、2種類のレーザーが併用されることもあります。しっかり取ることで再発もしにくく、色素沈着もおきにくい方法です(現在当院では行っていません)。

外科的治療

メスでの切除や電気メスでの電気焼却は浅ければ再発、深ければ痕を残してしまうため最初に勧められることは少ない治療です。病変が老人性イボでない可能性、悪性腫瘍などを疑う場合にはメスなどで切除することも選択肢となります(現在当院では行っていません。必要が有れば当該病院へ紹介します)。

老人性イボの予防と対処

シミはシミレーザーや美白化粧品などで取ることができますが、老人性イボについてはシミと同じように対処しても効果がありません。

クリニックプラスでの老人性イボの診療の流れ

①問診

症状などの病歴について話を聞きます。LINEの事前問診にお答えいただくと、診療がスムーズに行われます。

②診察

患部の診察を行います。皮膚疾患の診断は視診が重要です。医師が丁寧に診察を行っていきます。

③検査

ダーモスコープを用いて、患部を詳細に観察します。

④治療

必要が有れば液体窒素を用いて治療します。

⑤専門病院への紹介

レーザー治療や外科的切除が必要な時は専門病院へご紹介させていただくこともあります。当院は、多くの専門医療機関と連携をとっておりますので、スムーズにご紹介させていただくことが可能です。

老人性イボはごくありふれた疾患です。お悩みの方は、医療機関を受診することで、解決するかもしれません。クリニックプラスは、平日は夜の8時まで、土日祝日も毎日営業しております。是非一度ご相談にいらしてください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right皮膚科keyboard_arrow_right

老人性イボ(脂漏性角化症)とは。原因、治療、予防について 

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする