低用量ピル ※下北沢院のみ

対応可能クリニック
下北沢

低用量ピルとは?

低用量ピルとは一般的に、経口避妊薬(OC:Oral Contraceptives)のことを指します。
高い避妊効果が得られるほか、月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)・月経不順・月経困難症の改善、子宮内膜症や子宮腺筋症の治療目的としても使用されます。

日本では低用量ピルの普及が他の先進国に比べて著しく遅れており、普及率としては未だ3%程度になります。
一方で、海外では低用量ピルの服用は普及していて、フランスやドイツの低用量ピルの普及率は30%以上になります。
日本での普及が遅れている理由として、「副作用が怖い」という意見が多いですが、「低用量ピルに対する正しい理解が得られていない」ということも挙げられます。
低用量ピルは正しく服用することで、多くの恩恵を受けられることがようやく日本でも広まってきており、近年低用量ピルを服用される方が増えてきています。

低用量ピルの仕組みは?

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
エストロゲンは妊娠の準備をすすめるホルモンで、排卵期に向かって徐々に増えていきます。
プロゲステロンは妊娠の継続をサポートするホルモンで、排卵期が過ぎると分泌されるようになります。
これらのホルモンの働きによって、子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすい環境が作られていきます。
妊娠が成立しないと、やがてエストロゲンとプロゲステロンは減少し、不要になった子宮内膜が剥がれ落ちることで月経が起こります。

低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンが含まれており、これら女性ホルモンを正しく取り入れることで、月経や妊娠をコントロールすることができます。

低用量ピルの効果は?

低用量ピルは経口避妊薬といわれるように、避妊効果がある薬と知られていますが、その他の副効用として月経不順やPMSなど、さまざまな症状に対して効果が期待できます。
具体的には、以下のような効果が挙げられます。

避妊効果
月経前症候群(PMS)の改善
子宮内膜症・子宮腺筋症の改善
ニキビなど肌荒れの改善
卵巣がんや子宮がんのリスクを軽減

もちろん避妊効果としては、低用量ピルを毎日欠かすことなく服用することで、約99%と十分な効果を得ることができますが、実際にピルを使用している方へのアンケート結果をみると、月経不順や月経痛の緩和などの副効用に期待して使用している割合が多いです。
「毎月の生理が辛い」「生理のせいで日常生活に支障が出る」といった女性も、ピルを上手く活用することで、生活しやすくなることが期待できます。

低用量ピルの種類は?

低用量ピルは、含まれるプロゲステロンの種類によって、四世代(種類)に分けられます。
また、1シート内に配合されているホルモン量によって、一相性・三相性の2種類に分けられます。

・一相性:エストロゲンとプロゲステロンの配合量が、すべて同じで一定
・三相性:エストロゲンとプロゲステロンの配合量が、3段階に変化

低用量ピルには、実薬のみの「21錠タイプ」と、実薬21錠+偽薬7錠の「28錠タイプ」があります。
「28錠タイプ」は毎日内服すれば、自然と21日間の服用と7日間の休薬が続けられるため、飲み忘れを防ぐことができます。

当院(およびLuna’s)で取り扱っている低用量ピルは、以下の28錠タイプになります。
・マーベロン(後発薬:ファボワール)
・トリキュラー(後発薬:ラベルフィーユ)

◆マーベロン(ファボワール)
第三世代の低用量ピルで、避妊やPMSの改善効果が得られるほか、男性ホルモンの抑制効果も高いため、ニキビや肌荒れの予防にもなります。

◆トリキュラー(ラベルフィーユ)
第二世代の低用量ピルで、三相性のため自然なホルモンバランスに近い状態になるようにつくられています。

低用量ピルの副作用は?

低用量ピルの代表的な副作用として、以下のようなものが挙げられます。

悪心・嘔吐
不正出血
乳房緊満感・乳房痛
頭痛・片頭痛
下腹痛

これらの症状は、多くの場合服用を継続することで改善するため、過度な心配は不要です。
2か月を超えても改善しない場合は、ピルの中止や種類の変更なども検討する必要がありますので、再度医師の診察を受けるようにしましょう。

また、上に挙げた副作用に比べるとずっと発症頻度は低いですが、ピルを服用する場合の重篤な副作用として、静脈血栓塞栓症の発症リスクあります。
静脈血栓塞栓症とは、血液がゆっくり流れている静脈内の血液が固まり血管が詰まってしまい、さまざまな障害を引き起こす病気です。多くは足のむくみや痛みの症状で発症します。
10,000人に対して3~9人 (0.03~0.09%) と発症する割合は低いですが、それでも、喫煙者・高齢・肥満・血栓症にかかった家族がいる、といったケースの場合は注意が必要ですので、必ず医師に相談することをお勧めします。

低用量ピルの費用はどれくらいですか?

薬の種類によって多少金額が前後しますが、下記料金が目安となります。
数か月分まとめてご購入いただくと割引になります。

・1か月分 …2,800~3,000円
・3か月分 …2,660~2,850円/月
・6か月分 …2,520~2,700円/月
・12か月分 …2,380~2,550円/月
※別途診察料がかかります。すべて税込になります。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right自費診療keyboard_arrow_right

低用量ピル ※下北沢院のみ

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする