急性腎盂腎炎とは?膀胱炎後は特に注意を

対応可能クリニック

膀胱炎(ぼうこうえん)にかかった後、急に悪寒を伴う高熱が出たり、腰や背中に痛みを感じたりした場合、急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)を発症している可能性があります。
急性腎盂腎炎は、膀胱炎の後に起こることが多い病気で、細菌感染が腎臓に広がることで発症します。
聞き慣れない病名かもしれませんが、決して珍しい病気ではありません。

早期に適切な治療を開始することで良好な経過をたどりますが、治療が遅れると重症化したり合併症を引き起こしたりすることがあるので注意が必要です。
ここでは、急性腎盂腎炎の特徴や治療について詳しく解説します。

急性腎盂腎炎ってどんな病気?

まず初めに、急性腎盂腎炎とはどのような病気なのか、慢性腎盂腎炎との違いは何なのか、について解説します。

腎盂(じんう)とは

腎盂は腎臓の一部で、腎臓でつくられた尿が集まる場所です。
腎盂に集められた尿は、尿管を通って膀胱へと流れ、その後尿道を通って体外へ排出されます。

急性腎盂腎炎とは?慢性腎盂腎炎と何が違うの?

腎盂の中で細菌が繁殖し、炎症が腎臓まで広がる病気を「腎盂腎炎」といいます。
腎盂腎炎には、急激に発症して比較的早く治る「急性腎盂腎炎」と、主に解剖学的な異常が誘因となって何度も繰り返し発症して症状が長く続く「慢性腎盂腎炎」があり、それぞれ症状が異なります。

急性腎盂腎炎では、悪寒・高熱・強い倦怠感・腰の痛みなどが現れることが多いです。
一方、慢性腎不全では、自覚症状がほとんどなく、あっても微熱や食欲不振などの軽い症状が現れることが多いです。

急性腎盂腎炎の原因

次に、急性腎盂腎炎の原因と危険因子について解説します。

急性腎盂腎炎の原因は?

急性腎盂腎炎の原因は細菌の感染で、最も多い病原菌は大腸菌です。
尿道口(尿が体外へ排出される場所)から大腸菌などの細菌が侵入し、膀胱へと上っていくことで、普段は無菌に近い膀胱に細菌感染が起こり、膀胱炎になります。
膀胱での細菌感染が腎盂にまで及ぶことで、急性腎盂腎炎が発症します。

リスクが高いのはどんな人?

急性腎盂腎炎を発症するリスクが高いのはどのような人なのでしょうか。
急性腎盂腎炎の危険因子には、下記のようなものがあります。

①女性
女性は尿道口と肛門の位置が近いこと、男性と比べて尿道が短いことから、男性よりも腎盂腎炎を発症しやすいことが知られています。

②尿路の閉塞
前立腺肥大症や尿路結石などの病気により、尿道が塞がってしまい、尿流の低下(尿の勢いが弱くなる)がある場合、腎盂腎炎になりやすくなります。

③基礎疾患・免疫抑制剤
がんや糖尿病などの基礎疾患がある場合や、免疫抑制剤を内服しているような場合、腎盂腎炎を発症しやすくなります。

④神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)
神経障害によって尿意を感じにくくなったり、排尿に障害が生じたりする状態を、神経因性膀胱といいます。
残尿が多くなるため、膀胱が慢性的に感染を起こしやすくなり、腎盂腎炎へとつながるリスクが高まります。

⑤膀胱留置カテーテル
長期間に及ぶ膀胱留置カテーテルの使用は、尿路感染ならびに腎盂腎炎の危険因子となります。

⑥膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)
生まれつき膀胱の尿が腎臓に逆流する膀胱尿道逆流症の場合、腎盂腎炎になりやすくなります。

急性腎盂腎炎の症状

急性腎盂腎炎の症状はどのようなものなのでしょうか。また、前ぶれや合併症はあるのでしょうか。
急性腎盂腎炎の症状について解説します。

症状や前ぶれは?

急性腎盂腎炎では、次のような強い全身症状が現れます。

・38℃以上の高熱
・激しい悪寒(おかん)
・腰や背中を叩くと強い痛みがある(叩打痛 こうだつう)
・倦怠感(けんたいかん)
・膀胱炎症状(頻尿・排尿時の痛み・残尿感 など)
・吐き気

腎盂腎炎の前ぶれとして、一般的なものは膀胱炎です。
膀胱炎になると必ず急性腎盂腎炎を起こすというわけではありませんが、前述したような腎盂腎炎の危険因子をお持ちの方は注意が必要です。

合併症に注意

急性腎盂腎炎の経過は、通常は良好で適切な薬の投与で完治します。
しかし、治療が遅れると重症化したり、細菌が腎臓から全身に回って、敗血症(はいけつしょう)と呼ばれる状態になったりすることがあり、命に関わる危険性もあるので注意が必要です。

急性腎盂腎炎の検査と診断

急性腎盂腎炎は、次のようなさまざまな検査や問診の結果から診断されます。

①血液検査
炎症の有無の確認や、腎機能の評価を行います。

②尿検査
尿中の白血球の数・細菌・血液の混入を確認します。

③超音波検査
腎盂の拡張や、尿路の閉塞の有無を確認します。

④CT検査
腎臓やその周囲の状態をより細かく検査します。

急性腎盂腎炎の治療

急性腎盂腎炎と診断された場合の治療法や注意点、再発予防について解説します。

治療法と治療期間

急性腎盂腎炎の原因は細菌感染ですので、抗菌薬を使った治療が中心となります。
抗菌薬の飲み薬、または通院による点滴治療が行われます。治療期間は1~2週間です。
治療後は再発していないかの確認のため、1~2週間おいてから尿検査を実施します。
症状が改善しない場合や重症の場合には、入院治療を行うこともあります。

薬は飲み切ることが一番大事

治療において最も重要なことは、薬を最後まで飲み切ることです。
症状が改善したからと自己判断で薬を飲むのをやめてしまうと、残った細菌が原因となって再発したり、薬に対して抵抗性を持つ細菌が増えてしまったりします。
処方された薬は中断せず、必ず飲み切るようにしてください。

再発を予防するために

急性腎盂腎炎の予防のためには、陰部の清潔を保つこと、水分を十分に摂り、膀胱に尿をためすぎないよう我慢せずトイレに行くことなどが大切です。

気になる症状がある場合は、早めに受診を

急性腎盂腎炎は、適切な治療によって完治する病気です。
しかし、治療が遅れると治るまでに時間がかかり、重症化したり合併症を引き起こしたりする場合があります。
気になる症状がある場合は、早めに内科(腎臓内科)や泌尿器科を受診するようにしてください。

急性腎盂腎炎の疑いで来院された方の、当院での診療の流れ

1. 問診

いつからどの様な症状が出ているか、診断・治療に必要な情報を集めるために、医師がいくつか質問します。
(LINEの事前問診にお答えいただきますと、よりスムーズな診療を提供できますのでご協力ください)

2. 身体診察

急性腎盂腎炎に特徴的な背部の痛みがないかを確認し、急性腎盂腎炎以外の病気が考えられないか、医師が丁寧に診察を行います。

3. 検査

急性腎盂腎炎が疑われた場合、採血検査や尿検査などを行います。
場合によっては、腎臓の超音波の検査やCT検査を行うこともあります。

4. 処方(重症の場合は専門医療機関へ紹介)

急性腎盂腎炎と診断された方には、抗菌薬の治療を開始します。
軽症であれば、内服薬にて管理することもありますが、通院による点滴治療を行う場合が多いです。
重症の場合や重症化のリスクが高い場合には、入院による点滴治療を検討するために、専門の医療機関へ紹介することもあります。

急性腎盂腎炎は、早期に適切な治療を開始することで良好な経過を辿りますが、治療が遅れることで重症化したり合併症を引き起こしたりすることがあるので注意が必要です。
急性腎盂腎炎が疑われた際には、速やかにクリニックを受診するようにしましょう。
クリニックプラスは平日は20時まで、土日祝日も毎日診療しています。お気軽にご相談にいらしてください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウイルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

生活習慣病外来(高血圧高脂血症外来)

頭痛外来

美容皮膚外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

亀戸

2024年7月1日 開業予定

クリニックプラス 亀戸

所在地

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-20-7 亀戸会館4A階

アクセス

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

西船橋

2024年5月6日 開業予定

クリニックプラス 西船橋

所在地

〒273-0031 千葉県船橋市西船4-27-2 西船駅前プラザビル4階

アクセス

JR総武本線・武蔵野線・京葉線 西船橋駅北口から徒歩1分

東京メトロ東西線 西船橋駅北口から徒歩1分

東葉高速鉄道 西船橋駅北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right内科(発熱 / 感染症外来)keyboard_arrow_right

急性腎盂腎炎とは?膀胱炎後は特に注意を

LINEで予約

◯   現在予約受付中   
空いている時間を確認・予約をする