湿疹(接触性皮膚炎/アトピー性皮膚炎/手湿疹/皮脂欠乏性湿疹/脂漏性皮膚炎)  

対応可能クリニック

・湿疹とは?

皮膚の表面に起きる炎症を「湿疹」と呼びます。いわゆる皮膚炎のことです。
湿疹を起こす要因は大きく「外的要因」と「内的要因」に分けられます。それぞれ以下のような具体例が挙げられます。

◆外的要因:薬剤、化学物質、アレルゲン、物理的刺激、虫、金属、日光、細菌、カビ、ストレス、気候など
◆内的要因:アレルギー体質、アトピー素因、内臓疾患、皮膚のバリア機能の低下、皮脂など

また、湿疹は、症状が続いている長さによって「急性湿疹」と「慢性湿疹」に分けられます。

◆急性湿疹:出始めてから数時間〜数日以内の湿疹。自然に良くなることもあるが、適切な治療を施さないと慢性化してしまうものもある。
◆慢性湿疹:患部が硬くなり、乾燥してゴワゴワした状態になります。急性湿疹に比べ、治るまでに時間を要するようになります。

・湿疹の症状は?

湿疹の症状は、強いかゆみと皮膚表面の変化です。見た目の変化は多様な経過を辿りますが、その過程を示したものが「湿疹三角」と呼ばれるものです。

引用:田辺三菱製薬 https://hc.mt-pharma.co.jp/hifunokoto/solution/1181

この通り湿疹といっても幅広く、いろいろな種類がありますが、当クリニックで扱っている「よくある湿疹」をいくつか簡単に説明していきます。

❖接触性皮膚炎(かぶれ)

皮膚に何らかの原因物質が触れることで現れる湿疹で、赤くなったり、腫れたり、水ぶくれのようになったり、かゆみを伴ったり反応は様々です。基本的には原因物質が触れた部分に湿疹を認めます。接触性皮膚炎は、触れた物質の刺激が強いために生じる「刺激性皮膚炎」と触れた物質にアレルギーがあるために生じる「アレルギー性皮膚炎」、紫外線によって生じる「光接触性皮膚炎」に分類されます。
原因物質となりうるものは多岐にわたり、それを特定することが治療に直結するので、医師によく相談することが大切です。炎症やかゆみを抑えるために、ステロイド外用薬やかゆみ止めの内服の使用も効果的です。

❖アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下することによって、外からの様々な刺激で皮膚の炎症が起き、赤くなったり、小さいブツブツとした発疹やかさぶたができたり、皮がカサカサになったりといったかゆみを伴う湿疹がアトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎を発症する方は、アトピー素因を持つことが多く、アトピー性皮膚炎を疑った場合これらがないか血液検査をします。アトピー素因とは具体的には、ダニやハウスダスト、花粉、食事などに対するアレルギー反応で、ある程度遺伝すると言われています。また、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因としては、細菌や、ダニ・カビ、汗、ペット、食事のバランス、夜型の生活、睡眠時間の減少、ストレスなどが挙げられ、これらの要因を日常生活から除外していくことが大切です。特にアトピー性皮膚炎は十分な皮膚バリア機能がまだ備わっていない子供に多いですが、しっかり治療しないと、大きくなるにつれてぜん息など他のアレルギー症状を引き起こしたり、かゆみのため睡眠障害が起こり、成長にまで影響を及ぼす可能性があるので、医師にかかり、しっかり治療していくことが重要です。治療は①ステロイド外用薬などの薬物療法、②スキンケア、③悪化要因の除去の3本柱になります。

❖手湿疹

洗剤や水を多く使用する主婦や美容師、調理師などに多く見られる湿疹です。度重なる水仕事や様々な摩擦・刺激によって、手の皮膚のバリア機構がこわれることでおきます。最近では感染予防のために、頻繁に手を洗ったり、アルコール消毒が行われているため、大人だけでなく子供にも増えてきています。症状は、乾燥してカサカサになるタイプと、水疱ができてジュクジュクするタイプがあります。最も効果的な治療は原因の除去ですが、仕事柄それが難しい方も多いです。そのような方は、保湿を心がけて皮膚のバリア機構を回復させることが重要です。炎症を起こしている場合は、ステロイド外用薬も有効です。
生活習慣と深く関わっているため、継続的に治療し、症状をコントロールしていきましょう。

❖皮脂欠乏性湿疹

乾燥肌に炎症が加わって生じる湿疹です。特に秋~春先にかけて、症状を繰り返すことが多いです。脚の外側や肘などによくみられ、強いかゆみを伴います。乾燥肌でなくても、お風呂でゴシゴシ強く洗ったりすることで、皮脂が剥がれ落ち、皮膚のバリア機能が低下することで起こります。日々保湿剤でスキンケアを行い、バリア機能を上げることが予防になります。炎症が起きている場合は、ステロイド外用薬で炎症を抑える治療を行います。

❖脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌が多い脂漏部位(頭や顔、陰部など)に一致した境界が不明瞭な赤い湿疹です。フケを伴うことがあります。これは、皮脂を好む真菌(カビ)が関与していると言われています。適切な洗顔や洗髪を繰り返すよう心がけることが重要です。抗真菌薬外用剤も有用です。かゆみは一般的には軽度な場合が多いですが、かゆみを伴う場合はステロイド外用薬も使用します。

・湿疹で来院された方の当院での診療の流れ(診察所要時間目安:5〜7分)

1. 問診・診察

皮膚疾患は見た目の診察と患者さんからのお話が診療のほとんどをしめます。事前問診でお答えいただいた内容に加えて、診断に必要な情報や所見を集めます。

2. 処方

診断がついたらお薬を処方します。塗るタイプのお薬と飲むタイプのお薬をうまく使い分けて処方いたします。患者さんに合ったお薬が見つかるまでは、1週間に1回くらいの頻度でお越しいただく場合もあります。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right皮膚科keyboard_arrow_right

湿疹(接触性皮膚炎/アトピー性皮膚炎/手湿疹/皮脂欠乏性湿疹/脂漏性皮膚炎)  

LINEで予約

◯   現在予約受付中   
空いている時間を確認・予約をする