そのほくろ、放っておいて大丈夫?ほくろの原因、治療法について 

対応可能クリニック

歳を重ねるにつれてほくろが増えてくるのが気になる方、大きくなるほくろが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。とらなくてはいけないほくろはどのようなものか、また、除去する場合はどのような方法があるかについても解説していきます。

ほくろ(黒子)とは

一般的なほくろ(黒子)は、医学的には母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)といい、皮膚良性腫瘍のひとつです。

母斑細胞の深さや大きさ、色素の量などによりほくろの形や形状、色などが異なっており、歳を重ねることでもほくろの数や、もともとあるほくろの大きさや色、硬さなどが変わってくることがあります。

生まれたときにはほくろがなかったのに、いつのまにできたのかと疑問に思うこともあるかもしれません。

ほくろ(黒子)の原因

ほくろ(黒子)は母斑細胞という細胞がかたまり状に増殖することで発生します。

ほくろには、生まれつきのものと、成長していく中でできるほくろがあります。生まれつきのほくろの中には比較的大きいものもあります。基本的にほくろは良性で、がん化することはありません。しかし頻度として稀ではあるものの、20cmを超える巨大先天性色素性母斑の中には悪性黒色腫へと発展するものがあるため注意が必要です。

遺伝的な要因についてははっきりとはしていませんが、ほくろが多い親を持つ子どもはほくろができやすい傾向があるといわれています。

ほくろ(黒子)の症状

ほくろにも色々なタイプ、症状があります。

ほくろの種類

医学的には母斑細胞母斑と呼ばれるものが一般的なほくろですが、次のような、一般的なほくろとは異なった見た目のものもあります。

先天性色素性母斑:生まれつきある大きなほくろ

爪甲線条母斑:爪の根元にほくろができると、爪に黒い縦線が入る

サットン母斑:ほくろの周囲が白く抜けたもの

青色母斑:真皮の中でメラニン細胞が増殖しているため青黒くみえ、レーザーが効きにくい

こんなほくろに注意

ほくろと鑑別しなくてはいけない皮膚がんの中でも、代表的なものが悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ)です。

悪性黒色腫をチェックするためのポイントとしていわれているのが「ABCDE」の5つです。これらのポイントにあてはまるほくろを見た場合には、悪性黒色腫の可能性を考えて、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

A(Asynmmetry):左右非対称、いびつな形

B(Border):輪郭がはっきりしない

C(Color):黒や茶色など色がまちまち、

D(Diameter):直径6mm以上の大きさ

E(Evolving):最近大きくなった、広がる、形や色などが変化する

ほくろ(黒子)の検査

ほくろが悪性のものかを見極めるのに行う検査について解説します。

ダーモスコピー

一般的なほくろはがん化することは稀ですが、それを見極めるための検査としてダーモスコピーがあげられます。特殊な虫眼鏡のようなダーモスコープという器機を用いて詳しく皮膚の病変を観察します。皮膚がんの可能性があるのかなどを、皮膚を傷つけることなく調べることができます。

生検

細胞の一部を切り取って顕微鏡で観察する病理組織検査です。ダーモスコピーで良性なのか悪性なのか区別がつかないケースなどで、実際に細胞をみることで確定診断を行います。

ほくろ(黒子)を除去する

気になるほくろを取ろうと思ったらどのような方法があるのかみていきます。

レーザー

明らかに良性のもので比較的小さなほくろの場合にはレーザーが用いられます。傷も少なく済みますが1度で取り切るのが難しく、再発する可能性もある方法です。自費診察となり、当院では現在行っておりません。

メス切除縫合

少しでも皮膚がんが疑われたり、痛みや痒みなど症状があったりする場合には細胞を詳しく検査するためにも、ほくろを切除する場合があります。局所麻酔をした上で、ほくろをメスで切り取り、皮膚をきれいに縫い合わせます。ほくろをひとつ取るのに15分程度、いくつかまとめてほくろを除去することもできます。保険適応の治療です。

日常生活で気をつけること

ほくろが増えることが気になる方は日頃からのケアも大切です。

日焼け対策

紫外線はほくろや、ほくろと間違えやすいシミを増やすリスクとなります。日焼けをしないように日焼け止めや日傘、服装などに気をつけるようにしてください。

いじらないこと

ほくろが気になってさわると細胞への刺激となり、ほくろが大きくなってしまうかもしれません。

ほくろの除去は病院で

ほくろによって適した除去の方法があります。再発しにくい方法、痕が目立ちにくい方法など適切な治療を選択します。

また、悪性腫瘍の可能性などを見極めるためには医療機関での正しい診断が大切といえるでしょう。

クリニックプラスでのほくろの診療の流れ

①問診&診察

症状などの病歴について話を聞き、丁寧に診察を行います。LINEの事前問診にお答えいただくと、診療がスムーズに行われます。

患部の診察を行います。皮膚疾患の診断は視診が重要です。医師が丁寧に診察を行っていきます。

②検査

ダーモスコープを用いて、患部を詳細に観察します。

③治療

レーザー治療や外科的切除が必要な時は専門病院へご紹介させていただくこともあります。当院は、多くの専門医療機関と連携をとっておりますので、スムーズにご紹介させていただくことが可能です。

ほくろはごくありふれた疾患です。お悩みの方は、医療機関を受診することで、解決するかもしれません。クリニックプラスは、平日は夜の8時まで、土日祝日も毎日営業しております。是非一度ご相談にいらしてください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right皮膚科keyboard_arrow_right

そのほくろ、放っておいて大丈夫?ほくろの原因、治療法について 

LINEで予約

◯   現在予約受付中   
空いている時間を確認・予約をする