やけど(熱傷)の症状と治療、予防についても解説 

日常生活のなかでやけど、熱傷を経験したこともある方も多いのではないでしょうか。やけどは最初の対応によっては痕が残りやすくなってしまうこともあります。やけどへの知識を確認し、いざというときに備えてみてください。

やけど(熱傷)とは

やけどは医学的には「熱傷」といいます。日常的にも遭遇しやすいやけどについて解説していきます。

熱による皮膚や粘膜の損傷

やけどは皮膚や粘膜が熱によってダメージを受けてしまうことをいいます。軽いものも含めると誰でも経験したことがあるでしょう。やけどは皮膚が高い温度に一定時間以上さらされることで起こります。一方で、それほど高温とはいえない40~55度程度の熱でも、さらされる時間が長いと、やけどになってしまうこともあります。

やけど(熱傷)の原因

熱いものを触ることでやけどするケースが一番多いのですが、その他にもやけどになってしまうケースがあります。

温熱やけど(温熱熱傷)

高熱のものに接触して起きるやけどで、やけどの原因としていちばん多いものです。年代としては10歳未満の幼少期に圧倒的に多いといわれます。小さい子の場合、花火中の事故、調理器具の蒸気を触ってしまった、ホットプレート、ストーブなどに触れてしまった、といったことがやけどの原因として報告されています。その他にも高熱の油やアイロン、コンロの火などに触れた、熱い飲み物をこぼした、などの家事にまつわるものや、家庭内の事故が原因となったやけども多く、家での日常生活の中でいつも注意しておくことが大切です。高齢者や小児は、熱いお風呂での事故も多く報告されているので、特に注意が必要です。

電撃やけど(電撃熱傷)

電流や雷に触れることでやけどになってしまうことを電撃熱傷といいます。頻度は少ないものの高圧線や落雷によるものなどがそれにあたります。小さい子どもがコンセントにヘアピンなどの金属製品を差し込んで感電してしまった、ということも起きています。特に手や体が濡れている状態では重症化しやすくなるので、電撃熱傷にも注意が必要です。

化学やけど(化学熱傷)

化学熱傷は、アルカリや酸に触れることで皮膚に起きる特殊なやけどです。仕事で特殊な薬品を扱う場合などには手袋の着用などを徹底し、皮膚に触れさせないように、十分に気をつけて行ってください。

低温やけど(低温熱傷)

糖尿病患者や高齢者が、温風器や電気あんかに長時間接触することで起きる低温やけどが増えています。糖尿病の方は合併症である知覚障害によって感覚が鈍くなり、熱さに気づかず、気づいたらやけどになっているということが起こりやすくなります。高齢者も同様で、加齢に伴い感覚が鈍くなり、低温やけどをきたしやすくなります。使い捨てカイロや電気毛布も低温やけどの原因になります。電気あんか、電気毛布などは、寝る前にタイマーをつけるか、電源を消すようにする、使い捨てカイロは洋服の上から貼る、時間を決めて外すなどの対策をするようにしてください。

やけど(熱傷)の症状

やけどは症状によりⅠ、Ⅱ、Ⅲの重症度に分けられます。治るまでにかかる期間や痕が残ってしまうかどうかなどにも関わってきます。自身で見て判断しても医師の判断とは重症度が異なる場合もあるため、必ず医療機関で判断してもらうようにしてください。

やけど(熱傷)の深さ

やけどの深さと面積により重症度が異なります。

①Ⅰ度熱傷

やけどは皮膚表面にとどまります。ヒリヒリする痛みや熱感があり赤くなるもので、いわゆる「日焼け」もⅠ度熱傷の状態です。痕は残らず治ります。

②Ⅱ度熱傷(浅達性)

やけどが真皮まで到達します。水ぶくれができて赤くなり、痛みを伴います。

1~2週間程度でよくなり、一時的な色素沈着があるものの痕は残らないことが多いやけどです。

③Ⅱ度熱傷(深達性)

水ぶくれができ、皮膚は赤~白っぽくなります。強い痛みを伴い、痕が残ることも多いです。治るのには3~4週間程度要します。

④Ⅲ度熱傷

皮膚の表面から皮下組織まで破壊されている状態です。水ぶくれもできず、痛みもない状態で、皮膚も再生しません。

治るのには1ヶ月以上の時間を要し、ほとんどのケースで痕が残ってしまいます。

やけど(熱傷)の面積

やけどの面積が広いほど重症といわれます。面積の判定は大人では「9の法則」子どもは「5の法則」などが用いられます。

体表の15%以上(下肢1本分程度)にⅡ度以上のやけどがみられたら中等度以上で入院治療が必要です。また、顔や手、会陰などの特殊部位、化学熱傷、電撃熱傷など特殊熱傷は重症に分類されます。

やけど(熱傷)の治療

やけどを負ってしまった時の初期対応は大切ですが、自身で判断せずに皮膚科や形成外科など医療機関を受診し、その後の治療について的確な指示を仰ぐようにしてください。

患部のケアと処置

やけど治療の基本は、冷却、洗浄、軟膏治療です。重症では植皮などの処置が必要になります。

やけどを負ってしまった時の初期対応は、すぐさま30分以上、痛みが抑えられる程度まで流水で冷却して炎症を抑え、病変が広がることを防ぐこと。

その後の処置としてはⅠ度の軽いやけどではステロイド外用剤などで改善することもあります。Ⅱ度以上のやけどは抗菌作用のある外用剤や潰瘍治療に使用する外用剤、創傷被覆材(ドレッシング材)といった病変の治癒を促すための特殊なシートを適宜使い分けます。Ⅱ度~Ⅲ度でやけどが深い場合には壊死した組織を除去する外科的処置(デブリードマン)が必要になることもあります。

やけどの部分を清潔に保ち、毎日ガーゼや軟膏を取り替えるなどの処置を継続していくことが大切です。

感染を予防する

Ⅱ度以上のやけどでは感染しないように気をつけることも必要になってきます。やけどの部分から細菌感染すると、治るのに時間がかかってしまう、痕が残りやすくなってしまう、といったことが起きます。創部(皮膚が損傷した部分)を清潔にするのが基本で、抗菌作用のある軟膏を使用し、創部が感染してしまった場合には抗生剤の全身投与が必要になることもあります。

医療機関を受診する

程度に関わらず、やけどが広範囲に及ぶ場合には早めに医療機関(皮ふ科や形成外科)を受診することをお勧めします。Ⅱ度以上の熱傷では必要に応じて救急要請も検討してください。一見、軽いやけどでも実は深いこともあり、処置によっては痕が残ってしまうこともあるので、まずは医療機関を受診することをお勧めします。

やけど(熱傷)のセルフケア、初期治療

やけどしてしまったときに一番大切なのが初期対応です。セルフケアを行い、その後速やかに医療機関を受診するようにしてください

流水で患部を冷やす

やけどした直後に流水で30分以上患部を冷やす、これが初期対応です。炎症が治まるように痛みがなくなるくらいまでしっかり冷やすようにしてください。

服の上から冷水をかける

服を着ているときにやけどをしてしまった場合には、服の上から流水をかけるようにしてください。脱ぐのに時間がかかってしまったり、服を脱ぐときに皮膚まで剥がれてしまうと病変が悪化してしまいます。

水ぶくれはつぶさない

Ⅱ度熱傷では水ぶくれができてしまうことがあります。必要に応じて水疱から水を抜くこともありますが、基本的には医療機関で感染に気をつけながら行う処置と考えてください。自身の判断で行わないようにしてください。

やけど(熱傷)の初期対応と医療機関の受診

やけどしてしまったら、ひどくならないように速やかに冷やすことが初期対応になります。明らかに軽度なものは痕が残らずに治るかもしれませんが、見た目と異なり深度が深いこともあります。痕が残らないように適切な治療を受けるために医療機関の受診をするようにしてください。

クリニックプラスでの熱傷の診療の流れ

①問診&診察

症状などの病歴について話を聞き、丁寧に診察を行います。LINEの事前問診にお答えいただくと、診療がスムーズに行われます。

②治療

創部に対して適切な処置を行います。症状によっては数日間通院していただく必要もあります。外用薬や内服薬を用いて治療を行っていきます。

③専門病院への紹介

創が広範囲で深部に及ぶ場合や、専門的な処置が必要と判断した場合は、専門病院をご紹介させていただいております。当院は、多くの専門医療機関と連携をとっておりますので、スムーズにご紹介させていただくことが可能です。

熱傷は初期対応が重要です。放っておくと長引いたり、後々まで傷跡が残る事が有ります。クリニックプラスは、平日は夜の8時まで、土日祝日も毎日営業しております。是非一度ご相談にいらしてください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門外来

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

内科・皮膚科を中心に、小児科・アレルギー科をカバーする幅広い総合診療(プライマリ・ケア)を平日夜間(18時以降)、休日(土日祝日)も提供しています。
新型コロナウィルス感染症の抗原検査・PCR検査や抗体検査から、インフルエンザワクチン、破傷風ワクチンなどの予防接種まで幅広く対応しています。
感染症疑いや、発熱症状のある患者様への検査は、クリニックプラスにて診察・検査可能です。
内科では、コロナ、風邪、それ以外の風邪症状に隠れた別の病気や特殊な感染症がないかなども含めて丁寧に診察・治療を行なっております。日常的にみられるような症状でお困りの初診の方、あるいは紹介状をお持ちの方で今後定期的に当院に通院管理をご希望の方も、もちろん受診可能です。
アレルギー科では、舌下免疫療法をはじめ、花粉症やアレルギー性鼻炎、喘息といったアレルギー疾患を扱っております。

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2丁目24-5 シモキタフロント2F

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3−22−18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央・総武線 高円寺駅北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3丁目34−29 中野パールスカイビル 6F

アクセス

JR中央本線中野駅南口から徒歩1分丸井隣り

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right皮膚科keyboard_arrow_right

やけど(熱傷)の症状と治療、予防についても解説 

LINEで予約

クリニック受付はこちら

LINEでかんたん予約