慢性心不全ってどんな状態?早期治療で予後の改善を 

対応可能クリニック
下北沢

少し動いただけで息切れがしたり咳こんだりする、体がむくむ、なんとなくだるい‥。そのような場合、それは慢性心不全の症状かもしれません。慢性心不全の症状は初期には自覚しにくくゆっくり進むため、気付いたときにはかなり進行している場合があります。心不全の予後を改善するためには早期に発見し、適切な治療を受けることが重要です。ここでは慢性心不全の特徴や治療について詳しく解説します。

慢性心不全とは?

まず初めに、慢性心不全の特徴について解説します。

心不全とは

心臓は全身に血液を送り出すポンプのような働きをしています。何らかの原因によりこのポンプの働きが弱まり、全身に十分な血液を送り出せなくなってしまった状態のことを心不全といいます。

慢性心不全とは?急性心不全との違いは?

心不全は、症状が進行するスピードの違いから急性心不全と慢性心不全に分けられます。急性心不全は突如発症し、急速に症状が進行します。それに対し慢性心不全では、心臓に負担がかかり続けることで徐々に症状が進行します。慢性心不全が急激に悪化することで急性心不全となることもあります。

慢性心不全の原因は? 

どのような人が慢性心不全になりやすいのでしょうか。ここでは慢性心不全の原因や悪化要因について解説します。

慢性心不全の原因

下記のような心疾患(心臓に関連する病気)が慢性心不全の原因となります。

・心筋梗塞(しんきんこうそく)
・心筋炎(しんきんえん)
・心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)
・先天性心疾患
・高血圧
・不整脈
・肺高血圧症

慢性心不全を悪化させるもの

明らかな心臓の病気がなくても、次のような要因があると心不全を引き起こしたり悪化させたりする原因となります。

・塩分の摂りすぎ
・肥満
・喫煙
・加齢
・脂質異常症
・糖尿病

慢性心不全の症状は?

次に、慢性心不全の症状やステージについて解説します。

慢性心不全の症状

心臓の左側にある左心室(さしんしつ)の働きが弱まると、全身へ十分な血液を送ることができなくなったり、肺に血液がたまりやすくなったりします。また、心臓の右側にある右心室(うしんしつ)の働きが弱まると、全身をめぐった血液が心臓に戻りにくくなり、臓器に水がたまりやすくなります。こうしたことから、慢性心不全では次のような症状が出ます。

・息切れ
・胸がどきどきする
・不整脈
・むくみ
・体重の増加
・咳込み
・だるさ

慢性心不全はゆっくり進行するため、これらの症状は初期には自覚しにくく、はっきりと自覚するようになったときには心不全がかなり進行している場合があります。気になる症状があるときには主治医に相談することが大切です。

心不全のステージ

アメリカ心臓病学会(AHA)では、心不全の病期はA~Dに分類されています。

  • ステージA

    高血圧、肥満、糖尿病など、心不全の危険因子を持っている状態。将来的に心不全を引き起こす可能性がある状態。

  • ステージB

    心肥大、心筋梗塞、弁膜症など、心臓の異常はあるが症状は出ていない状態。

  • ステージC

    心肥大、心筋梗塞、弁膜症などの異常があり、息切れやむくみなどの症状が現れている状態。

  • ステージD

    症状があり、適切な治療を行っても安静時に症状を感じる状態。

ステージDは末期心不全状態と呼ばれ、この段階になると治療が非常に難しくなります。心不全の治療ではステージDに移行させないようにすることが大切です。

慢性心不全の検査 

慢性心不全の診断のために、次のような検査を行います。

  • 心エコー検査

    心臓の状態や働き、弁膜症の有無などを確認します。

  • 胸部レントゲン検査
    心臓の拡大、うっ血や胸水の有無を確認します。

  • 血液検査
    心臓に負担がかかると濃度が上がるBNPというホルモンの値を測ります。心臓の機能低下の早期発見にもつながります。

慢性心不全の治療

慢性心不全と診断された場合、どのような治療を行うのでしょうか。慢性心不全の治療について解説します。

原因となっている病気の治療が重要

高血圧や心筋梗塞、心筋炎、弁膜症など、慢性心不全の原因となっている病気がある場合には、それらの病気の治療を行います。並行して生活習慣の見直しなども行い、状態をコントロールしていきます。

生活習慣の見直し

慢性心不全の症状を改善させ、悪化を予防するために次のようなことに取り組むことが大切です。

  • 塩分制限
    塩分の摂りすぎにより体内に水分がたまりやすくなり、むくみの原因となります。塩分は 1日6グラム以下に制限するようにしましょう。

  • 体重管理

    自分の適正体重を知り、コントロールしていくことが心不全増悪を予防する1つのポイントになります。

  • 禁煙

  • 適度な運動
    心臓に負担がかからない運動量について主治医と相談しましょう。

薬による治療

息切れ、むくみの改善のために利尿薬を使います。また、β遮断薬(ベータしゃだんやく)や、ACE阻害薬・アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬を使用することで、心臓への負担を減らし、低下した心臓のポンプ機能を補います。場合によっては、強心薬が使われることもあります。

慢性心不全の新しい治療薬として、2020年にエンレストという飲み薬が登場しました。エンレストは心臓に負担をかけるホルモンの働きを抑えるとともに、心臓を保護するホルモンの働きを強めることで、従来の薬よりも強い心保護効果が期待できるお薬です。

早期発見・早期治療のために

息切れやむくみなどの症状が軽度であったとしても、放っておくと知らないうちに心不全が進行し、治療が難しくなってしまいます。気になる症状がある場合には、できるだけ早く医療機関を受診して検査を受けるようにしてください。早期に適切な治療を開始することが予後改善の鍵となります。

クリニックプラスでの慢性心不全の診療の流れ

①血圧や脈拍、血中酸素飽和度の測定

受付を済ませた方は看護師が声をかけますので、血圧や脈拍、血中酸素飽和度を測定させていただきます。これらの値に異常があると、心不全が増悪している可能性があります。

②問診

症状の有無や生活習慣などを聞きます。初診の方からは基礎疾患の有無や嗜好品の有無、家族歴についても聴取します。

③身体診察

聴診器を用い、心臓の音や呼吸音に異常がないかを確認します。その他、足に浮腫みがでていないかなど、医師が丁寧に診察を行います。

④検査

必要に応じて採血検査や心電図検査、心臓超音波検査(心エコー検査)などを行います。心エコー検査は心不全を診断するにあたってとても重要な検査です。心エコー検査にかかる時間は5分程度で、心不全の状態をその場で評価し、結果をお伝えすることができます。

⑤薬の処方及び生活指導

外来診療で治療が可能と判断した場合、心不全の治療薬を用いて、治療を行っていきます。また、心不全の管理をする上で、塩分制限や水分制限が非常に重要です。日々の塩分・水分摂取量のコントロールや体重測定などの指導を行っていきます。

⑥専門病院への紹介

酸素の投与が必要な方や、点滴での治療が必要な方は、専門的な入院加療がうけられる、大学病院や総合病院へ紹介します。クリニックプラスは多くの大学病院や総合病院と連携をとっておりますので、速やかに紹介することが可能です。

慢性心不全は定期的に通院を行い、適切な投薬加療と生活管理を行っていくことで、症状の増悪を予防していく事ができます。クリニックプラスでは、循環器内科専門医による診療を受けることができます。また、平日は夜の8時まで、さらには土日祝日も毎日営業することで、通院しやすい体制を整えています。慢性心不全でお悩みの方はぜひ一度相談に来てください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウィルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

高血圧・脂質異常症外来

頭痛外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器内科

皮膚科

小児科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー科

小児科

循環器専門

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right循環器専門外来keyboard_arrow_right

慢性心不全ってどんな状態?早期治療で予後の改善を 

LINEで予約

クリニック受付はこちら
空いている時間を確認・予約をする