不安定狭心症とは?心筋梗塞一歩手前、すぐに受診を

対応可能クリニック
下北沢

狭心症の症状が強くなった、回数が増えた、安静にしていても発作が起こる…。このように狭心症の症状が悪化している状態を不安定狭心症といいます。不安定狭心症は、命に関わる病気である心筋梗塞(しんきんこうそく)の一歩手前の状態であるため、すぐに受診をして治療を行う必要があります。ここでは不安定狭心症の特徴や治療方法について詳しく解説します。

不安定狭心症とは

まず初めに、不安定狭心症の特徴について解説します。

狭心症とは

狭心症とは、心臓を動かす筋肉である心筋(しんきん)に血液を送っている冠動脈(かんどうみゃく)の内側が、なんらかの原因によって狭くなり、心筋に十分な血液が供給されなくなることで一時的に胸の痛みや圧迫感が生じる病気です。

安定狭心症と不安定狭心症

狭心症は、症状の安定具合から安定狭心症と不安定狭心症に分けられます。数ヶ月以上、発作が起こる状況や回数に大きな変化が無い状態を安定狭心症といいます。一方、発作の回数が増える、症状が強くなるなど、状態が悪化している場合を不安定狭心症といいます。不安定狭心症では心筋梗塞を発症するリスクが高まるため特に注意が必要です。

不安定狭心症の原因は動脈硬化(どうみゃくこうか)

不安定狭心症の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化により、冠動脈の内側には、粥腫(じゅくしゅ)という、かさぶたのような膜で覆われたコレステロールのかたまりができます。このかたまりが冠動脈を狭くすることで、血流が悪くなるのです。

動脈硬化は、加齢や脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙などにより発症のリスクが高まります。

不安定狭心症は心筋梗塞の一歩手前

安定狭心症の場合、粥腫の膜は厚く安定しているため崩れる心配はほとんどありません。しかし、不安定狭心症では粥腫の膜が薄く破れやすくなっています。膜が破れて粥腫が崩れると、血のかたまりとなって冠動脈を完全にふさぎ、心筋梗塞を起こしてしまいます。不安定狭心症は心筋梗塞の一歩手前の危険な状態といえます。

不安定狭心症の予後は?

不安定狭心症の患者さんの約30%が、発症後3ヶ月以内に心筋梗塞を起こすという報告があります。病気の経過の見通しのことを予後(よご)といいますが、不安定狭心症の予後は、冠動脈のどこが狭くなっているか、狭い部分がいくつあるかなどによって変わってきます。予後を改善するためにも、できるだけ早く治療を行う必要があります。

不安定狭心症の症状

不安定狭心症の症状は安定狭心症と同様、胸の圧迫感や詰まり感、締め付けられるような痛みが特徴です。安定狭心症と比べ、不安定狭心症では痛みや不快感が強く、持続時間が長くなります。また、発作の回数も増え、軽い労作や安静にしているときでも症状が出るようになります。

不安定狭心症の検査と分類

不安定狭心症の検査や重症度分類について解説します。

不安定狭心症の検査

心電図検査、血液検査、心エコー検査、心臓CT検査、心臓カテーテル検査などを行います。

不安定狭心症の重症度分類

不安定狭心症の重症度はBraunwald分類という指標によって下記のように分類されます。

クラスⅠ:新規発症の重症または増悪型狭心症

  •  最近2ヶ月以内に発症した狭心症
  •  1日に3回以上発作が頻発するか、軽労作でも発作が起きる増悪型狭心症。安静狭心  症は認められない

クラスⅡ:亜急性安静狭心症

  •  最近1ヶ月以内に1回以上の安静狭心症があるが、48時間以内に発作が認められない

クラスⅢ:急性安静狭心症

  •  48時間以内に1回以上の安静時発作がある

不安定狭心症の治療

不安定狭心症と診断された場合の治療について解説します。

薬による治療

心筋梗塞への進展を予防するため、次のような薬を使って治療します。

  • 抗血小板薬:血液をサラサラにして血栓(けっせん)を予防します。
  • β遮断薬:心臓の負担を減らします
  • ACE阻害薬:心臓を保護します
  • 血管拡張薬:冠動脈を広げて血流を改善させます
  • スタチン系薬剤:コレステロールを下げて粥腫の状態を安定化させます

発作による胸痛などがある場合には、ニトログリセリンを投与します。それでも痛みがおさまらない場合にはモルヒネを慎重に投与します。

外科的治療

冠動脈が細くなっている部分をバルーンで広げるカテーテル・インターベンション治療や、足や胸の血管を使って迂回路を作るバイパス手術などを必要に応じて行います。

生活習慣の改善

不安定狭心症の原因となる動脈硬化を予防、改善するためには生活習慣の改善が不可欠です。食生活の見直しや適度な運動など、主治医と相談しながら行うようにしましょう。特に禁煙は必須事項となります。

こんなときはすぐに受診を

不安定狭心症の最大の問題点は、心筋梗塞を起こす危険性が高いことです。狭心症の発作の回数が増えた、症状が強くなった、安静にしていても症状が出る、というような場合にはすぐに受診するようにしてください。

クリニックプラスでの不安定狭心症の診療の流れ

①血圧や脈拍、血中酸素飽和度の測定

受付を済ませた方は看護師が声をかけますので、血圧や脈拍、血中酸素飽和度を測定させていただきます。

②問診

症状についてお話をききます。初診の方は基礎疾患の有無や嗜好品の有無、家族歴についても聴取します。事前LINE問診であらかじめお答えいただくと、診察がスムーズに行われます。

③身体診察

聴診器を用い、心臓の音や呼吸音に異常がないかを確認します。その他、足の浮腫みなど心不全症状がでていないかなど、医師が丁寧に診察を行います。

④検査

採血検査や心電図検査、胸部レントゲン検査、心臓超音波検査(心エコー検査)などを行います。また、必要に応じて心臓のCTスキャンを行い、冠動脈の狭窄の程度を評価します。

⑤薬の処方及び生活指導

薬の治療で経過をみていくことが可能と判断した場合、定期的に当院循環器専門外来を通院していただき、薬の管理を行っていきます。また、冠動脈の狭窄の進行を予防するためには塩分制限が非常に重要です。日々の塩分摂取量をコントロールするための栄養指導や運動の指導を行っていきます。

⑥専門病院への紹介

カテーテル治療が必要と判断した場合や、緊急での治療を要すると判断した場合には、専門的な入院加療がうけられる、大学病院や総合病院へ紹介します。クリニックプラスは多くの大学病院や総合病院と連携をとっておりますので、速やかに紹介することが可能です。

不安定狭心症は放置しておくと命に関わる重要な病気です。クリニックプラスでは循環器内科専門医による診療を、スピーディに受けることができます。クリニックプラスでは、事前LINE問診や、事前クレカ決済システムなど、テクノロジーを活用することで待ち時間を少しでも短くする取り組みを行っています。また、平日は夜の8時まで、さらには土日祝日も毎日営業することで、通院しやすい体制を整えています。胸痛の症状でお悩みの方はぜひ一度相談に来てください。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウイルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

生活習慣病外来(高血圧高脂血症外来)

頭痛外来

美容皮膚外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

亀戸

2024年7月1日 開業予定

クリニックプラス 亀戸

所在地

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-20-7 亀戸会館4A階

アクセス

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

西船橋

2024年5月6日 開業予定

クリニックプラス 西船橋

所在地

〒273-0031 千葉県船橋市西船4-27-2 西船駅前プラザビル4階

アクセス

JR総武本線・武蔵野線・京葉線 西船橋駅北口から徒歩1分

東京メトロ東西線 西船橋駅北口から徒歩1分

東葉高速鉄道 西船橋駅北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_right循環器専門外来keyboard_arrow_right

不安定狭心症とは?心筋梗塞一歩手前、すぐに受診を

LINEで予約

◯   現在予約受付中   
空いている時間を確認・予約をする