黄砂アレルギーに注意!その症状、花粉症ではないかも?

対応可能クリニック

これまで花粉症になったことがないのに、突然、花粉症のような症状が出始めた…
そのような場合、それは花粉症ではなく、黄砂(こうさ)アレルギーかもしれません。
黄砂は中国などから飛んでくる砂漠の砂やちりで、春に多く飛散し、アレルギーを引き起こす原因となります。
黄砂アレルギーとはどのようなものなのか、治療や対策はどうしたらよいのかについて詳しく解説します。

黄砂アレルギーとは

「黄砂」という言葉は、ニュースなどで何となく耳にしたことがあるのではないでしょうか。
まず初めに、黄砂とはどのようなもので、なぜアレルギーの原因となるのか、黄砂アレルギーになりやすい時期はいつなのか、について解説します。

黄砂とは

中国やモンゴルの砂漠の砂やちりが、偏西風にのって日本まで飛んでくる現象を「黄砂」といいます。
中国での砂漠化などの影響により、黄砂の飛散量は年々増えています。
飛散量の多い日は、車や建物、洗濯物などに黄砂が積もっているのが確認できるほどで、とても厄介です。
黄砂の飛散量は、気象庁のホームページなどで確認できます。

どうして黄砂でアレルギーが起こるの?

日本へ飛んでくる過程で、黄砂には大気汚染物質やほこり・ゴミ・ダニなどが付着します。
こうしたものが体内に入り込むことで、アレルギーを引き起こしてしまうのです。
黄砂の粒子の大きさは約4μmと大変小さいため、体に取り込まれやすく、アレルギー症状が重症化しやすい特徴があります。

黄砂アレルギーになりやすい季節は?

黄砂は一年中日本に飛んできていますが、例年2月ごろから増え始め、飛散量のピークは3月から5月となります。これはスギ花粉症の時期とちょうど重なります。
これまで花粉症ではなかったのに、突然花粉症のような症状が出始めた、花粉が少ない日なのにアレルギー症状がある、というような場合は花粉症ではなく、黄砂アレルギーかもしれません。
また、黄砂はそれ自体がアレルギーを引き起こすだけでなく、花粉症を悪化させるということも分かってきています。

黄砂アレルギーの症状

次に、黄砂アレルギーの症状について解説します。

黄砂アレルギーの症状は?

黄砂アレルギーでは、花粉症と同じような症状が出ます。

・目のかゆみ、皮膚のかゆみ
・くしゃみ、鼻水、鼻づまり
・のどの痛み
・咳
・頭痛

また、黄砂はスギ花粉よりも粒子が細かいため、肺の奥まで吸い込まれやすく、気管支炎や喘息の原因となってしまうことがあるために注意が必要です。

黄砂による皮膚炎と金属アレルギー

黄砂によって皮膚のかゆみや湿疹などの症状が出る方は、金属アレルギーの傾向があるといわれています。
黄砂に含まれる金属物質に反応し、皮膚の炎症が引き起こされている可能性があるからです。
顔や首などの露出の多い部分だけでなく、頭皮がかゆくなる場合もあります。

黄砂で皮膚炎を起こしてしまう方は、外出時はなるべく肌を露出させないようにすることが大切です。
帽子をかぶることも効果的です。外出先から帰ったら、顔や露出部を優しく洗うようにしましょう。

黄砂アレルギーの検査

現在のところ、黄砂アレルギーかどうかを検査する方法はありません。
基本的には、「黄砂の飛散量が多いときに症状が悪化する」という状況から判断します。
また、花粉やダニ、ホコリなどのアレルギー検査の結果から、黄砂アレルギーかどうかを推測することができます。

黄砂アレルギーの治療

黄砂アレルギーの治療は、薬によって症状を和らげつつ、黄砂をなるべく排除する生活環境を整えることが大切になります。
黄砂アレルギーの治療や対策方法について解説します。

黄砂アレルギーに効く薬はある?

黄砂アレルギー自体を治す薬はありませんので、薬での治療は症状を緩和させる対症療法となります。
目や皮膚のかゆみ・鼻水・鼻づまりには、抗ヒスタミン薬という飲み薬を使います。
目のかゆみがひどい場合には点眼薬、皮膚症状にはステロイドの塗り薬が処方されることもあります。

黄砂から身を守るための対策

黄砂アレルギーの対策として最も重要なのは、できるだけ黄砂を体に付着させない、吸い込まないことです。
そのために、次のような対策を行いましょう。

・黄砂の飛散状況を確認し、飛散量が多い日はなるべく外出を控える
・黄砂をブロックできるフィルターを使ったマスクを着用する
・外出の際は、黄砂が付着しにくいナイロン製の服や上着を着る
・帽子をかぶり、頭皮や髪に黄砂が付着するのを防ぐ
・帰宅後は手洗い、洗顔、うがいを行う
・洗濯物は部屋干しにする
・空気清浄機を使う
・濡れた雑巾やウェットタイプのシートでこまめに床を拭く

人の動きで黄砂が舞わないよう、床掃除は朝一番に行うのがおすすめです。

黄砂アレルギーかなと思ったら

黄砂は粒子が細かく体の奥まで入り込みやすいため、症状が重くなりがちです。
放っておくと日常生活に大きな支障が生じてしまいます。
黄砂アレルギーかもしれないと思ったら、悩まずに医師へ相談することをおすすめします。

黄砂アレルギーで来院された方の当院での診療の流れ

1. 問診

症状について詳しくお話を聞きます。黄砂アレルギー以外の病気の可能性がないか判断します。
(LINEの事前問診にお答えいただきますと、よりスムーズな診療を提供できますのでご協力ください)

2. 身体診察

呼吸の音に異常はないかなど、医師が丁寧に診察を行います。

3. 検査

黄砂アレルギーを調べる検査はありませんが、参考のためにスギやダニ、ハウスダストなどのアレルギー血液検査を行う場合もあります。
アレルゲンを調べる血液検査は、結果が出るまでに1週間ほどかかります。

4. 処方

アレルギーの症状を緩和させるための薬を処方します。
今までスギ花粉症を指摘されたことがないのに花粉症の症状が出る、スギがそんなに飛んでいない日にもアレルギー症状が出るといった場合には、黄砂アレルギーの可能性があります。
黄砂アレルギーは適切な薬を使用することで症状を改善させることができます。

アレルギー症状でお悩みの方は、まずはクリニックプラスにご相談にいらしてください。
当院は平日20時まで、土日祝日も毎日診察しています。
事前LINE問診や、事前クレカ決済システムなど、テクノロジーを活用することで待ち時間を少しでも短くする取り組みも行っています。

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

診療内容

内科

(発熱 / 感染症外来)

新型コロナウイルス感染症

内科

(一般 / 生活習慣病 / 非感染症外来)

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

自費診療

健康診断

予防接種

オンライン診療

生活習慣病外来(高血圧高脂血症外来)

頭痛外来

美容皮膚外来

診療内容一覧へ

keyboard_arrow_right

御来院はこちらへ

クリニックプラス 下北沢

所在地

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-24-5 シモキタフロント2階

アクセス

小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 中央口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 高円寺

所在地

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル4階

アクセス

JR中央線・総武線 高円寺駅 北口から徒歩30秒

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 中野

所在地

〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 中野パールスカイビル6階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩1分(マルイとなり)

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

皮膚科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 立川

所在地

〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-10 N8ビル3階

アクセス

JR中央線・青梅線・南武線 立川駅 北口から徒歩2分

多摩モノレール 立川北駅から徒歩3分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

クリニックプラス 吉祥寺

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル4階

アクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科

循環器専門外来

皮膚科

小児科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

亀戸

2024年7月1日 開業予定

クリニックプラス 亀戸

所在地

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-20-7 亀戸会館4A階

アクセス

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

西船橋

2024年5月6日 開業予定

クリニックプラス 西船橋

所在地

〒273-0031 千葉県船橋市西船4-27-2 西船駅前プラザビル4階

アクセス

JR総武本線・武蔵野線・京葉線 西船橋駅北口から徒歩1分

東京メトロ東西線 西船橋駅北口から徒歩1分

東葉高速鉄道 西船橋駅北口から徒歩1分

診療時間

平日(月〜金)

9:00-13:30, 15:00-20:00

土日祝

9:00-12:30, 14:00-17:30

診療科

内科(発熱 / 感染症外来)

内科

アレルギー

クリニック詳細を見る

keyboard_arrow_right

ご来院をお待ちしております

公式LINEから、数ステップで受診予約

でかんたん予約 >

TOPkeyboard_arrow_right診療内容keyboard_arrow_rightアレルギーkeyboard_arrow_right

黄砂アレルギーに注意!その症状、花粉症ではないかも?

LINEで予約

◯   現在予約受付中   
空いている時間を確認・予約をする